知識とマネジメント

群盲象を評する

更新日:

「群盲象を評する」という寓話があります。数人の盲人が象の一部だけを触って感想を語り合うが、触った部位により感想が異なり、それぞれが自分は正しいと主張して対立が深まるという話で、皆さんもどこかで聞いたことがあると思います。実際、ありのままの現実は多面的であり、それをきちっと捉えることはやさしいことではありません。(以下に続く)

(河田)

記事の続きはnoteで配信中!

-知識とマネジメント
-, ,

Copyright© 知識創造コンソーシアム , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.